レプレブログ

初の独立開業で失敗しないために代理店になる道を選ぶべき5つの理由

初の独立開業で代理店になるメリット

代理店募集レプレの矢次です。独立開業するならできるだけ無駄な失敗はしたくないですよね。今回は、「初の独立開業で失敗しないために代理店になる道を選ぶべき5つの理由」というお話です。

※こちらは代理店募集レプレ事務局の参考提供記事です。この内容を保証しているものではありません。


■いますぐ比較できます■

≪現在、上場企業、大手中小など150社以上が、法人個人パートナーを募集中≫
→ 代理店募集サイト【レプレ】


初の独立開業で失敗しないために代理店になる道を選ぶべき5つの理由


脱サラ…退職するまで「こうやればうまくいく」と色々なことを考えて、しっかりと事業計画も練りいよいよ独立開業。しかしフタをあけてみれば、売上計画の3割すら予定通りにいきません。何がいけなかったのでしょうか。計画そのものでしょうか。

計画通りに行かない売上の理由

いきなり「計画通りにいかない」というお話から入りましたが、実はこれ私の話です。高校を卒業後、会社員やアルバイトを経て開業したときの話です。

なぜあんなにしっかりと売上計画を練ったはずなのに、3割さえも予定通りにやることができなかったのか。もちろん若さゆえの経験不足ということは否めませんが、実はそれ以上に、完全に間違えていたことがありました。

初めてのビジネスを手がけるリスク


3割以下というのは、実際に計画したのが1ヶ月100万円の売上なので「30万以下」ということです。本業としてやる覚悟を決めて、脱サラしたことを考えるとずいぶんと残念な売上ですよね。私のビジネスだと仕入れや経費等を差っぴくとちょっと赤字です。一体なぜ3割以下になってしまったのか。実はとても簡単な理由でした。

経験がゼロの事業に手をつけたから

なんとなくかっこいいからという理由で、未経験でしかもゼロから自分で作った事業は、予測も弱く、事業を行う上で取り巻くリスクを先読みすることができませんでした。よって判断ミスや実務上のミスが多くなりました。年齢を重ねていれば、未経験の事業だったとしても「知識と経験の応用」でカバーできたのかもしれません。それでも事業の経験者に比べれば、やはり全体的に弱いですよね。

これこそが開業当初、私が苦労した最大の原因でした。

ノウハウと成功モデルのある代理店ビジネス


独立開業が初めての人が、失敗しないために気をつけなければいけないことは、やろうとしている事業の「成功例と失敗例」を知っているかどうかです。どうすればうまくいき、どうすれば危うくなるのか。これを知っているだけで、自分の判断に自信が湧き、事業を軌道に乗せやすくなります。

初めて独立、開業して、失敗少なくできるだけ早くビジネスを軌道に乗せるには、この部分をしっかりと知っておくかどうかで随分と流れが変わります。

ですので、できることなら経験ある事業やビジネスで独立開業するほうが理想ではありますが、自分が経験してきたものが必ずしもその時期に合うものとは限りませんよね。

代理店ビジネスから始めるメリット5つ


そこでオススメしたいのが、代理店になるという選択肢です。代理店を募集している本部は必ずそのビジネスを理解しています。基本的には自社で稼働してさらに拡大をしていこうという時などに代理店を募集していますので、その代理店商材のある程度の成功パターンやノウハウを持っています。独立開業時に、代理店を選ぶメリットは以下の5つです。

  1. 積み上げたノウハウや成果の上がる研修体制がある
  2. 売ることに専念できる
  3. 成功例や失敗例などの事例が豊富にある
  4. 営業商談ツールが充実している
  5. 新商材が好条件で取扱いができる

1、積み上げたノウハウや成果の上がる研修体制がある


どんなビジネスにもノウハウがあります。普通にやれば100万円の売上のものが、ノウハウを学べば200万円の売上になる。これは極端な例ですが、ノウハウとはそれだけ価値のあるものです。例えば3年間蓄積されたノウハウを、同じように自分だけで手に入れようとすれば、同じような期間、もしくはそれ以上の期間を要します。

代理店本部は、代理店やパートナーに自社サービスを販売をしてもらうことで、自社の拡販スピードを上げ、企業価値を世の中に広めていくことができます。つまり効率よく販売してもらって成功してもらいたいと思っているわけです。そのため出し惜しみなくノウハウを提供してくれます。研修体制が充実しており、代理店は早い段階から事業を軌道に乗せることが可能になります。

2、売ることに専念できる


代理店本部は、これまで自社で培ったノウハウを活用し、代理店やパートナーの事業を軌道に乗せるためにサポートをしてくれます。本部によっては専属のサポート窓口やコールセンターを置くところもあり、売る以外のバックオフィス部分をすべてやってくれる本部もあります。そのため、代理店は売ることだけに集中できるようになり、より収益が立てやすくなります。

3、成功例や失敗例などの事例が豊富にある


代理店本部は、成功事例はもちろんありますが、それ以上に失敗事例をたくさん持っています。代理店本部は多くの失敗経験の中から分析、改善、試行錯誤しながら収益化するためのノウハウを確立しています。その積み上げてきた事例を、実際に失敗することなく事前に知ることができるのは、最も大きなメリットといえます。

4、営業商談ツールが充実している


イチから事業を始めようとすれば、基本的になにから何まですべてを自分で揃えなければなりません。名刺、パンフレットやチラシ、電話番号やFAX番号、ホームページ、提案資料、契約書などあげればキリがないほど、ゼロから準備することは容易ではありません。

代理店になるとたいていのものは揃っており、なかには名刺やパンフレット、チラシ、契約書は無償提供、電話番号やFAX番号、ホームページは基本、本部と同じものを使用OKとしてくれるところもありますので、ほとんどコストがかかりません。

5、新商材が好条件で取扱いができる


ゼロからスタートして代理店として実績を積み、本部との関係を強く構築できれば、先々、本部があらたに取扱いを開始したサービスや商材、自社開発したサービスや商材を販売することも可能になります。また実績があるため、新規代理店よりも、手数料など好条件で取扱いを開始できることもあります。そのため、先を見据えてどのような代理店と付き合いをしていくかも重要なポイントになります。

上の1から5は、全ての募集本部に当てはまるわけではありませんが、少なくとも、イチから事業を始めるよりも、ノウハウを持つ代理店本部の代理店になるほうが事業を軌道にのせやすいのは間違いありません。これらを踏まえたうえで、逆にサポートは一切しませんという代理店本部への加盟はお勧めしません。

まとめ


いかがでしょうか。独立開業時に代理店になることを選ぶ人は最初から大なり小なりのノウハウを得られます。代理店本部は、代理店やパートナーを募集することにより、より早く自社商材の拡販ができ価値を高めていくことができます。つまり「ウィンウィン」の関係を築くことができるということです。両者にメリットがあるからこそ、関係は成り立つものだと思います。皆様の活動のご参考になれば幸いです。

比較される代理店募集

オンラインテレワーク会議ツールmeetin 【代理店募集】業界過去最高の伸び率!オンライン商談・会議ツール「meet in(ミートイン)」ノルマも加盟金もナシ! 完全オーダーメイドインソールRUN×RUN 【代理店募集】粗利率40%超フルオーダーメイドインソール「RUN×RUN」でヘルスケア事業に参入! 進化系除菌抗菌イージーバリア 【代理店募集】手を直に抗菌化!48時間効果が持続する「進化系抗菌イージーバリア」パートナー募集!

PAGE TOP