レプレブログ

成功率を上げるために起業で不安な人が取り組むべき5つのこと

初めての起業で不安な人の重要事項

代理店募集レプレ運営事務局の矢次です。本日は「成功率を上げるために起業で不安な人が取り組むべき5つのこと」です。独立起業するときの理由はいろいろあると思います。最も避けたい理由ではありますが、やむを得ず独立起業するという方もゼロではないかもしれません。

※こちらは代理店募集レプレ事務局の参考提供記事です。この内容を保証しているものではありません。


■いますぐ比較できます■

≪現在、上場企業、大手中小など150社以上が、法人個人パートナーを募集中≫
→ 代理店募集サイト【レプレ】


成功率を上げるために起業で不安な人が取り組むべき5つのこと


初めて起業するとき、失敗したらどうしようかと考えてしまうこともあると思います。せっかく独立起業するのであれば、うまく行かせたい、成功したいと思うのは当然ですよね。今回は初めての起業で不安な人が、成功率を高めるためにもっとも重要だと思う取り組むべき事項を上げていきたいと思います。

  1. 副業からスタートする
  2. 固定費を極限まで削る
  3. 収入を複数にする
  4. 時間を惜しまず働く
  5. 最悪を想定しておく

1、副業からスタートする


初めての起業で不安な人には、ダントツ1位でおすすめします。会社員の方、アルバイト、パートの方など、収入を持った状態で独立起業にチャレンジしましょう。まずはリスク少なくやってみる「週末起業」や「スキマ起業」は、自分の力でどのくらいのことができるのか、実際にどうなるのかをイメージするのにピッタリです。

収入がある状態での起業は、無収入になる不安を減らすことができます。これから独立起業をしようと考えている人で、不安な気持ちのほうが強いという人はまず副業からスタートしましょう。その際、会社等の副業に関する規定などはしっかり確認して、できることなら会社の理解を得た上で副業を行なえると、独立起業した際にそのまま勤務先の会社が取引先になったりなど良いことがおこる可能性もあります。このあたりはデリケートなことですので、しっかり準備して取り掛かりましょう。

2、固定費を極限まで削る


これは経営やビジネスを安定させるために最も即効性のある方法です。家賃や携帯電話、光熱費など、削っても問題ないと思われる固定費はトコトン縮小していきましょう。たとえば、家賃で30,000円、携帯で10,000円、光熱費で5,000円を削減できればそれは毎月45,000円のストック収益を得たのと同じ効果(意味)になります。

極論を言ってしまえば、家賃については実家に住む、恋人の家に住む、親友の家に住むなどで話を通せば、限りなく0円にすることも可能です。携帯は余計な機能を省けば相当安くおさまります。

誰になんと言われようと、このぐらいの気持ちで極限まで縮小すると、毎月のキャッシュフローの心配が減り、随分ラクになります。そうすることで心にも余裕ができ、活動や発言などに好循環が生まれやすくなります。売上にメドがたつまではできるだけ固定費を増やさず、減らすことに注力しましょう。

3、収入を複数にする


現在が会社勤めの場合は、安定して給料が入ってきますが、いつ会社員としての収入も減少したり無くなったりするかわかりません。可能であれば、会社員でも週末起業やスキマ起業をやりつつ、さらに空いた時間を捻出してアルバイトをするなどしておくと少しでもプラスに、または会社員としての収入に一切手をつけずに進めていくこともできるかもしれません。

本業が忙しくそんな時間はないと思われる方もいるかもしれませんが、しっかりスケジュールや日々の時間の使い方を見直すことで、月に数十時間を捻出することはおそらく多くの方が可能です。1日1時間、月に20時間を作れたとして、仮に時給1,000円のアルバイトにあてた場合、2万円のプラスになります。

この2万円は単純に貯金しておいても構いませんが、できることなら投資に回すことをおすすめします。週末起業、スキマ起業へ投資したり、自己スキルのアップに投資したりでもいいと思います。リターンを考えて、何に投資するのが一番ベストなのかを考えることは、決断や判断力を養う練習にもなりますのでおすすめです。

4、時間を惜しまずに働く


言うまでもありませんが、これから独立起業してやっていくには自分の自由な時間を犠牲にすることを覚悟しておいたほうがいいと思います。もしも少しでも成功するチャンスを上げるのなら、「毎日20時には帰宅し、夜は晩酌しながらテレビを楽しむ」という流れを捨て、20時に帰宅後にもうひと仕事して稼いでやろうという気持ちで取り組み、圧倒的に行動量を増やす必要があります。

行動量に応じて「チャンス」が生まれるのと同時に、行動することで不安を減少させる効果があるとも言われています。多くのビジネスチャンスをつかむ人は、それだけ多くの行動をしているということを知っておく必要があります。

5、最悪を想定しておく


副業としてスタートしても、思い描いたとおりにビジネスを軌道に乗せれるとは限りません。また軌道に乗ったと思い本業を辞め、一本に絞ったとしてもその後どうなるかは誰にもわかりません。そのような場合にどうなるのか、「最悪を想定」しておくことは心理的な安心をもたらします。

「最悪はこうなる」とわかっていれば、それ以上にひどくはならないという基準になりますので、余計な不安を取り除くことにもつながります。また最悪を想定できているため、少しずつその「最悪の場合」を回避する準備を進めることもできるようになります。最悪を想定することは、決してマイナスな思考ばかりではないということを覚えておきましょう。

いかがでしょうか。本日は「成功率を上げるために起業で不安な人が取り組むべき5つのこと」というお話をさせて頂きました。少しでも皆様の独立起業のご参考になれば幸いです。

比較される代理店募集

アイフォン修理iphonecare 【代理店募集】現金商売でキャッシュフローがラク!アイフォン修理「iphone care」小スペース開業 インフルエンザウイルスを99%不活性化 【代理店募集】コロナ放電で「インフルエンザウイルスを99%不活性化」独自技術で空間ウイルス除菌除去! 外貨両替機シンカネット 【代理店募集】見込み先を紹介するだけ!コンパクト外貨両替機を全国に広げていくビジネス!

PAGE TOP